準言語コミュニケーションを成功させるポイント

コミュニケーションは発信と受信のチャンネルがあります。

メッセージをそのチャンネルを通してきちんと通じ合うことができた時に、言語コミュニケーションが成立したと言えます。

準言語コミュニケーションとはそれを更に【言葉】というものに特定したコミュニケーション方法となります。

大きな声でゆっくりと喋る

準言語コミュニケーションをひきこもりが成功させるには幾つかの点に気をつけることで、効果がでます。

話すときの強弱や、長短や、高さやスピードといったその会話の印象を変えるものは、その場に合わせたものを使う必要があります。

基本的には穏やかに、端的な文章で、ゆっくりと喋ることが相手にいい印象を与えやすいです。

また、声に明瞭さを出すことによって、その人の印象が明るいものになります。

準言語コミュニケーションには、自信がないと小さくなり、興奮すると早口になり、緊張すると上ずるという特徴があるため、そうした点もその場その場に合わせて、調べた方がいいでしょう。

大きな声でゆっくりとわかりやすい声が求められているのは、そうした不協和音が響かないように、相手に察せられないようにするためのものです。

言葉は難しいものです。

しかし、その特性をしっておくことで、良いものへと変えられます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ