就職先が見つからない!大学生型ひきこもりの生態とは?

大学生の中でもひきこもりが増えています。

大学生から学校に行かなくなってそのままひきこもりになる人は昔からいたと考えられています。

大学生型のひきこもりは、大学を中退した場合の受け皿がないということで、そうしたひきこもりが生み出されていっているのです。

社会不安障害をもっている大学生はひきこもりやすい?

元祖ひきこもりアニメ『NHKへようこそ!』に見られるように、大学生は本来自由で自分の好きな形を存分に引き出していく場所です。

そうした意味でひきこもり型の性格を持っている人は、ひきこもりになっていくのです。

大学生は元々親が金のある不良が行くものとされていて、昔は犯罪社会が中退した大学生の受け皿になりました。

しかし今はひきこもりとなって殻にこもるしかありません。

大学生型ひきこもりの本望は、ひきこもり型の社会に適応できない適性を持ってしまった人が、ひきこもりになってしまうという道筋があるのです。

大学生型ひきこもりは、社交不安障害になりやすい性格の人が、その性格を矯正されないまま大学生活を行ってしまうことが原因となります。

ひきこもりは社会的な問題や、精神の問題もあるのですが、性格的な問題もあります。そうした問題を続けることで、ひきこもりになってしまうのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ