ひきこもり生活は大人のロングバケーション

ひきこもりは、考え方によっては、ロングバケーションとも考えられます。

大人のロングバケーションです。

それは流石にふざけた表現ですが、人としてロングバケーションが必要な時期というものは確実にあります。

普通の人だったら65歳以上になったらロングバケーションに入ります。

それがひきこもりは早めにロングバケーションを取っているのだと思ってみてください。
ちょっとは自分への自信を取り戻せてきませんでしたか?

ロングバケーションの分を未来にまわす

今ロングバケーションをとっているとなると、65歳以上になったらロングバケーションを取らず、そのまま働かなくていけません。

ただそれでも今はロングバケーションに浸っていたい。

そう考えることは悪い事ではないと思うのです。

その分、65歳以上になった時に働かなくてはいけませんが、今の内にロングバケーションを楽しんでいおきたいという考え方でも何も問題ないと思います。

そうしたロングバケーションは人生にとって必要な事でもあるのです。

今、ひきこもっているそこの貴方はロングバケーションを取っているだけです。

ロングバケーションから明けたら働き始めます。

それでも精神的に苦しんでいる人にとっては、そうしたロングバケーションの考え方で問題はないはずです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ