ひきこもりは人との距離の取り方がわからない

ひきこもりにとって人との距離をどうしていけばいいのかという問題は、大きく立ち塞がっているでしょう。

人との距離感というのはなかなか掴めないものです。

物理的なものでいえば、手を伸ばした距離の前後となる約45センチから120センチが適切であると言われています。

これ以上近づくと密接過ぎるですし、これ以上遠のくと遠い存在として感じさせてしまいます。

立ち位置を工夫して上手な距離感をつかむ

また、相手の正面に立つと、相手に緊張を強めます。

横にいると、相手と同じものを見ることができます。

ななめにいるとアイコンタクトがとりやすくなります。

上手にそうした距離感を利用して、自分なりの人間関係を手に入れましょう。

嫌な人には正面を見て話すようにして、気心の知れた相手には横にいるようにして、仲良くなりたいという人にはななめにいるようにしましょう。

ちょっとした距離感のテクニックです。是非、試してみてください。

人との距離は心理的なものでも、物理的なものでも難しいものです。

ただ、距離としては、近しい人には積極的にアプローチして、嫌な人は避けるというスタンダードな姿勢を崩さないようにしましょう。

嫌な人ほどその嫌な部分を解決しようと構いたがる人もいますが、基本的に人はそう変わりません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ