しんどい思いまでして社会人にならなければいけないの?

社会生活はしんどいです。

社会生活が上手くできたからと言って、バラ色の人生があるわけではありません。

しんどい生活がずっと続くだけということもあります。

そんなしんどい社会生活でも、人は意義を見つけてなんとか乗り越えていこうとしているのです。

ひきこもりから脱却した後は、そのしんどい社会生活にどんな意義があるのかということをしっかりと把握しておく必要があります。

しんどい社会生活にどんな意義があるのかしっかりと考える必要があります。

働く目的を見つけるとしんどくても頑張れる!

しんどいものを目的もなく続けていくというのは、誰しも不可能なのものです。

だからこそ、社会のレールがあるのです。

レールにさえ乗り続けていれば惰性で、しんどい社会生活をそこそこ楽しい社会生活へと変えていくことができます。

そのレールを外れてしまった以上、しんどい社会生活を送ることは仕方がないことです。

貯金や豪遊など目的があれば、しんどい社会生活も少しは楽になります。

しんどい社会生活もやりがいが出てきます。

しかし、ほとんどの場合、ひきこもりから脱却したしんどさに伴うメリットを見つけられないのが現状です。

将来への不安からひきこもりを脱却するも、しんどい社会生活に耐え切れず、辞めてしまう。

そんなケースにならないように対策を練っておく必要があります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ