ダウンロードすると逮捕?違法コンテンツはもう終焉

ひきこもりに欠かせないものといえば、昔は違法コンテンツでした。

エロゲーや市販のゲームを違法ダウンロードして行うのがポピュラーなひきこもりの逃避行動でした。

しかし現在は著作権保護法も厳しくなり、ダウンロードするだけで罰則を受けるようになりました。

そしてそれに便乗してウイスルをばらまく人も増えています。

違法コンテンツはもう終焉を迎えているといってもいいでしょう。

違法ダウンロードが出来なくなったひきこもりの矛先は?

そうなれば、次に必要なのが、ひきこもりの逃避行動の矛先です。

正直犯罪へ向かう可能性は大きくあるかと思います。

違法コンテンツを心の支えにしてきたような人層は、その違法コンテンツの代わりのものとなるものを探して犯罪行為に走ってしまうケースもあるようです。

児童ポルノを違法にしたら、児童ポルノの件数が増えたのと同じです。

統計的に違法としてはいけないコンテンツというものは存在しているのです。

それを警察はわかっていません。

違法コンテンツはまだ野放しになっています。

しかしパソコンの知識が乏しいひきこもりならば、ウイルスを警戒して違法コンテンツに手を出さないところまで来ています。

それが吉とでるか凶と出るかはわかりません。

ただ、一部のひきこもりにとっては確実に凶と出るでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ