当たり前のようで難しい言語コミュニケーション

言語コミュニケーションは日常で最も多く使われています。

『文字』や『点字』、『手話』が言語コミュニケーションに入ります。

ひきこもりは声を出す機会が少ないために、こうした言語コミュニケーションを上手く活用する必要があります。

その場合、単に口が上手くなればいいという問題になるわけではないのです。

言葉で表現するのが難しいなら手紙を使おう

例えば何かを口に出して言うのが難しい時に、手紙やメールで相手に伝えるというのも言語コミュニケーションの一つです。

ひきこもりは全てが口が上手くならなかければいけないと思いこんでいるため、こうした方法を見落としがちです。

しかし、今では文字で行う言語コミュニケーションは言葉での準言語コミュニケーションを超えていると言ってもいいくらいです。

また、言語コミュニケーションは人の感覚機能の中でも、視覚や聴覚、触覚を駆使して行います。

そうした言語コミュニケーションの能力を磨くというだけでも大きくコミュニケーションが変化するのです。

例えばメールやLINEなどのチャット機能の技術を磨くというだけでも大きく違います。

絵文字の使い方や、フランクなやりとりの方法などを分析すれば、それだけでコミュニケーションが大きく違ってくるのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ