相手に共感するためにはまず自分を知る必要がある!

ひきこもりは共感能力が薄いと言われています。

そのため、間違いをおこしやすいのが、相手のことを考えすぎてしまって自己嫌悪に陥ることです。

考えて考えてそれでポンっとある日はじけてしまいます。

では、相手の気持ちを知るというのはどうすればいいのでしょうか?

相手の気持ちを知る前にまずは自分から

それはまずは自分自身を理解することをしなければいけません。

自分がいなければ相手はいません。

まずは自分を客観視することから始めます。

そして、相手がどういう人かというのを想像し、時に他人に相談しながらもイメージしていくことが大切になっています。

そうして自分という人間は、『人をこういうふうに見てしまう』という事実を認め、相手という人間は『こんな考えてこんなことを喋る』ということを理解した上で、初めて共感というものを行うことができます。

ある程度経験値を積んできますと、そうしたパニック的な対応から柔軟な対応へと変わっていくことができます。

相手を許すことができ、ある程度は上手くいくようになります。

逆に自分のことだけを知っている、相手のことだけを知っている、という考え方ではストーカーと同じ論理でしか人と接することができません。

身勝手な論理で、自分や他人を追い詰めてしまいます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ