仕事の相談をしたら怒られた!相談をする時の注意点

ひきこもりから脱出してそれからいきなり相談をされるということはないかと思いますが、ひきこもりは相談するのが苦手です。

ひきこもりは相談をする時に、そうした相談のコツというのを踏まえておく必要があります。

相談する相手を間違えると逆効果

相談をする時は、まずは「自分を尊重してくれそうな人」に相談することがまず第一です。

自分を尊重しない人に相談をしても、何の意味もありません。

そして、「自分の感情を大切にしてくれそうな人」に相談することです。

自分の感情ということまで尊重してくれる人というのは、なかなかいそうでいないので、見極めが大切です。

そして、「相談される者本人の感情も吟味しながら、冷静に見極められる」と言う要素が大切です。

相談者が相談をしている人の感情に振り回されるようでは、全く意味がありません。

「そのまま受け取る」ということや、「一方的に非難しない」というなどという相談者についての配慮をしてくれる人というのも、要素の一つです。

そして、「自己決定を尊重する」ということも大切です。

そのまま指示方向を見せるだけでは、いい結果を生み出せません。結局は自分をわかっているのは自分です。

そして、一番重要なのは、「秘密を守る人」です。

これは難しいのですが、大事なことです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ