自分は頭のいい人間だと思っているひきこもりは鬱!

ひきこもりの犯しやすい間違いとして、ネガティブを肯定的にとらえ過ぎているということが挙げられます。

もちろんネガティブは物事を深く考えるという意味で、悪い意味ではありません。

ただ、ネガティブに物事を斜に構えて見ることで、自分をインテリ視する考え方をする人がたまにいます。

自分は物事を深く考えられる頭のいい人間であると自分の考え方を信仰するような考え方をする人がいます。

それはひきこもりに逆効果です。

そしてそれはインテリ的な考え方ではなく、ただのうつです。

インテリな考えは成功者にしか当てはまらない

うつで色々と混乱していると、プライドを守るためにそうした思考になってしまいがちです。

しかし、本当はそうではありません。

人間と言うのは斜に構えて成功しているのならばインテリジェンスな考え方であるのかもしれませんが、成功していなければただの妄言であり、うつの産物です。

うつになると全てが否定的になります。

例えば自分が幸福になることで誰かが不幸になると思い込んで自ら不幸になろうとしたり、どうせ年金制度なんかいつか崩壊すると言って国民年金を払わなかったり、人の笑い声が聞こえれば自分を嘲笑っているかのように聞こえます。

そうしたものはうつの考え方です。

インテリな考え方ではありません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ