何でひきこもりを脱出?大義なき社会復帰に意味はない

ひきこもりがひきこもりでなくなろうとするのは、大きなステップアップですがそれだけでは必ず無理が来ます。

無理が来て、全てを放り出してしまいます。そのため、ひきこもり社会復帰するためには大義が必要となると私は思います。

何のためにひきこもりから脱出するの?

ひきこもりを脱出しなくてはいけないと思うことは大切なことです。

しかし何のために脱出しなければいけないと思うかは人それぞれなくてはいけません。

ただ、脅迫観念に押し切られてひきこもりを脱出しようと思うのは愚策です。

何故ならば強迫観念だけでは続かないからです。絶対に何処かで無理が来ます。

そのための補助となるのが、大義です。

自分は何のためにひきこもりを脱出するのかそうしたことをはっきりと数字や言葉にしてあらわさなければいけません。

例えばとりあえず300万貯める、という貯金額を設定するのが、一番気楽かもしれません。

何故ならば働くモチベーションにもなりますし、数字ではっきりとわかっていくため、わかりやすくて目標に目指しやすいです。

そして、お金というのは、健全に稼げば健全な精神を生み出す糧になります。

もちろんそれ以外にも、親を安心させるだとか、正社員で何年かは続けるだとか、そうした大義が大切になってきます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ