並行作業は失敗の原因!ひきこもりは並列して作業しない

ひきこもりが陥りやすい間違いとして同時に幾つもの作業をしてしまうということが挙げられます。

これは何も自分に同時処理の能力があるとうぬぼれているわけではありません。

何個もの問題を棚上げしてスルーしている内に、どんどんと問題をためてしまう性質があるのです。

そうしていくつもの問題を抱えていると、人はどんどんとやる気を失ってしまいますし、どんどんと精神的に追い詰められてしまいます。

一つのことに集中できる環境を整える。

これも仕事をしていく上で大切なことです。

一つの問題に集中して処理する

そのためには今ある問題を全力で解決する必要があります。

全力で自分の問題を見つめなおし、自分の問題を把握する能力も必要となります。

自分が何を問題としていて、この問題が解決されなかったらどうなるのか、そうしたものをしっかりと把握しておくことで、一つのことに集中できる環境を整えることができるのです。

問題を棚上げしない。

これは人生を上手くやっていくもっとも有効な手段です。

問題があったら直ぐに解決する。

または直ぐに解決できるだけのプランを整えておく。

そうした努力をすることで、ひきこもりが社会的号できる道を見つけることができます。

是非、実践してみてください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ