インターネットで希望を検索しても見つからない

よくインターネットをする人は、インターネットに希望が落ちているのではないかと思って探すことがあります。

私もそうでした。

インターネットの何処かに希望が落ちていないかと何かを探すのですが、そんなもの何処にも落ちていません。

現実でも希望は落ちていないのに、インターネットに落ちているわけがありません。

しかしその判断能力がなくなってしまうのが、ひきこもりの特徴なのです。

インターネットを使う人は、まずはインターネットの『何のために使うのか』ということを明確にしておいた方がいいでしょう。

そして時間制限をするまではしなくてもいいですが、一日中依存してしまわないように気をつけなくてはいけません。

インターネットはあくまでも情報を集める機械

よく現実は前に進むもので、インターネットは後ろに逃げるためのものだという人がいますが、私はそうは思いません。

要は使い方なのです。

適切な使い方をすれば適切に人生に役に立つでしょうし、今ではインターネットのない生活をする方が難しいという人ばかりでしょう。

ただ、希望を探すためにインターネットを使うのはやめておいた方がいいです。

インターネットはあくまでも情報であり、社会です。

あなたの人生をサポートしてくれるわけではありません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ