ひきこもりは沈黙を気にしすぎて自滅している

ひきこもりは会話が続かなくて沈黙がきてしまうということがよくあります。

沈黙自体は悪いものではありません。

しかし、沈黙には色々な意味があるため、誤解されてしまうことが多くなってしまいます。

例えば、考える時に集中したときに人は集中します。

例えば、周囲に気を取られたときに人は沈黙します。

感情に浸っている時も沈黙しますし、相手が間違っているときも自己主張の弱い人は沈黙してしまいます。

また、相手の言葉が理解できないときも沈黙してしまいます。

沈黙の原因を焦らず冷静に考える

そうした沈黙はいつどこでも起こります。

要はその沈黙を気にしないことです。

沈黙は何処にでもあるものです。

しかし、気にしなさすぎというのもいけません。

沈黙には上記に挙げたようになんらかの意味あります。

その意味をしっかりと受け止めて解釈する必要もあるのです。

沈黙が訪れたからと言って、それが全て自分のせいであるというわけではありません。

相手のせいであることも十分にあるのです。

沈黙が訪れたならば、その沈黙がどういう意味を持っているのか冷静な頭で考える必要があります。

冷静に考えて、自分に非があると思うならば反省しましょう。

しかし、相手に非があるのならば、その相手と今後どう付き合うべきか考えましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ