風俗嬢にはひきこもり体質の人が多い

風俗嬢にはひきこもり体質の人が多いです。

箱の中で真っ暗な中、働いて、そして家に帰ってひきこもりというような人が多いようです。

何故ならばもともとメンタルに不調がある人が、やることが多く、また、仕事柄豪遊する人も多いみたいですが、基本的には借金返済などのせっぱ詰まった理由でお金を使えないことが多いからです。

暗い箱の中で働いて、そして家に帰って暗い部屋の中でひきこもり生活する。
まさにひきこもりのような生活をしている風俗嬢はたくさんいます。

お金を稼いでいてもひきこもりになってしまう風俗嬢

ただ、風俗嬢は違法な店であろうとなかろうと稼いでいるのは確かですし、そうした稼いでいる事実を置いて、ひきこもり生活だけにスポットライトを当てるのはよくありません。

世の中には色々なタイプのひきこもりがいます。

ポジティブなひきこもりもいれば、ネガティブなひきこもりもおり、中には働いているのに自分はひきこもりだと思っている人もいます。

そうしたひきこもり社会において、風俗嬢とひきこもりは世の中で同じような立ち位置にいるのかもしれません。

風俗嬢とひきこもりは異なる存在ですが、似ているところもあるのです。

自分自身を「ダメなやつ」と思ってしまうひきこもり。自分の仕事を悪いことと思ってしまう風俗嬢。セルフイメージの問題です。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ