ひきこもりはガンジーの言葉を習え!

「自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである。」

これはガンジーの有名な言葉ですね。

これはひきこもりにも当てはまります。

ひきこもりが起こしたことは世間的に見れば大したことではないのかもしれません。

しかしその行動をしたというこが重要なのです。

行動をするために恐れ怖がりそして決断して成し遂げた。

その行動のプロセスは人を確実に成長させますし、社会全体で動けば絶対に大きな波となります。

結果よりも行動自体に意味がある

3万人は集まったとされるフジテレビ大規模抗議デモもメディアが情報管制を引いてなかったことにされています。

しかしその行動をしたということは確実にメディアに尾を与えています。

自分たちが作り出してきたプロパガンダ世論が世間に通じないと完全に敗北したのです。

当初、あのデモを扇動したのはマスコミで、エジプトで大規模デモがあったのを機に「日本の若者は元気がない」と自民党を倒すために国民を煽り立てました。

しかし、その結果はメディアに帰ってくるという皮肉なものでした。

この世には報われないこともたくさんあります。

しかし、報われなくても行動をしたことに意味があることはたくさんあります。

是非、最初の一歩を行動をしてみて、重要なその行動を積み重ねてひきこもりでなくなるために、花を開かせましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ