外に出る理由を作って社会復帰の足掛かりにしよう!

外に出たくないのは「外に出る理由」がないからです。

逆に言えばひきこもりでも外に出る理由があれば外に出るようになります。

ひきこもりに必要なのは、まずその外に出る理由を作ることから始めることです。

私はコンビニにおにぎりが好きで、近所で買いあさることからちょっとした外出が増えるようになりました。

そうしたちょっとした理由でも構わないのです。

まずは外出する理由を見つけることが必要になってきます。

まずは定期的に外に行く理由を作ろう!

老人の介護の現場でも、外に出るために必要なものは、きっかけだそうです。

やはり体力が落ちてきたり、精神的にまいってしまっていると、理由もなく外出をするというのは無理な話になってきます。

ひきこもりもそれと同じです。

ひきこもりは精神的にずっとまいっている状態です。

おまけに外が怖い状態です。

外に出る理由を見つけなければ外に出るのは不可能になってきます。

ひきこもりでなくなって働き始めたとしても、働くために外に出てそれ以外は外出しないという状態では何も意味がありません。

何も楽しみのない生活ではそんなにも続くわけがありません。

外に出る定期的な理由を見つけることが必要となるでしょう。

買い物でも、散歩でもなんでもいいのです。理由を見つけてみましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ