社交不安障害を発症すると会社に上手く馴染めない?

社交不安障害とは、人との関わりや社会との関わりに対する恐怖を持つ病気です。

社交不安障害になると、ひきこもりになったり、ひきこもりから脱出してもその後社会に上手くなじめなかったりします。

社交不安障害は認知に比べて件数が多いように思えます。

あまり聞かない病気ですが、生涯有病率は3 パーセントから13パーセントと言われており決して稀な病気ではあります。

世代を問わず発症しますが、特に15歳頃に多いと言われています。

その一方で人前で話す機会が多くなり発症するといったケースも珍しくありません。

認知行動訓練に通って社交不安障害を解消する

社交不安障害は上手く隠すことができればそのまま社会で生きていくこともできる病気です。

しかしそのストレスは半端なものではありません。

そのストレスに耐えきれず自殺をしてしまったり、ひきこもりになってしまう人も多いです。

社交不安障害には認知行動訓練が有効です。

自分が社会からどう見られているのか、自分の行動がどう思われているのか客観的に見つめることで、社交不安障害の治療に役立てることができます。

また、社交不安障害の不安を抑える薬を精神科で処方してもらい、その後、徐々に社会や人に慣らしていくことで社交不安障害を治療することもできます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ