部屋の汚さが精神を汚くする!無駄なものを捨てて整理しよう

部屋の片づけというのはひきこもりは全然していないものの一つではないでしょうか?

これは意外にも大事なことです。

部屋が汚いと精神的な汚染にもつながってきます。

『犯罪者の部屋はみんな汚い』、宮部みゆきさんの本でそういう文面を見たことがあります。

部屋が荒れていると次第に自分自身の心も荒れてくるものです。

整理整頓をきちんとしましょう。

また、部屋を掃除することで、適度な運動となります。

日ごろから運動をしていないひきこもりにはいい運動になるのではないでしょうか?

部屋をキレイにして心もキレイにする

断捨離という言葉があります。

モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、 心もストレスから解放されてスッキリするという意味になっています。

こうした運動は、ひきこもりにとって最適なものなのではないでしょうか。

ひきこもりはお金がないのでつい不要なものまで溜め込みがちです。

しかし、いらないものを捨てることで、心まで穏やかになれるとしたら、やってみる価値はあるのではないでしょうか。

それで、自分を鍛えるという意味もあります。

整理整頓ができる人は仕事もできます。

それの逆説として仕事ができないのは、部屋がごちゃごちゃしているせいなのかもしれません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月14日 部屋の汚さが精神を汚くする!無駄なものを捨てて整理しよう はコメントを受け付けていません。 ひきこもりについての考察