無個性は人に嫌われる?個性的な人間になるには?

ひきこもりの欠点として無個性というのが挙げられます。

人格を構成するには社会の中で揉みくちゃにされることが必要となります。

そして、ひきこもりは積極的にそうしたことを避けてきました。

そのため、人格構成が失敗してしまっていることがあるのです。

無個性な人というのは多くの人から好かれはしません。

嫌われることも度々あります。

そうした無個性な人格に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

無個性はウリに出せるものではありません。

有害な人格の人よりもましと思うかもしれませんが、私の経験上無個性の人格である方が優遇されることは少ないです。

無個性に立ち向かうためには?

無個性に立ち向かうにはどうすればいいでしょうか。

道化を演じて無個性を隠すのもいいでしょう。

無個性のまま生きる道を探ってもいいでしょう。

個性を無理やり作ってもいいでしょう。

一番の無個性への立ち向かい方は無理のない方法でやるということです。

無個性であっても人格はあります。

無理のある方法だとそれを24時間行わなければいけないため、心身を壊してしまいます。

無個性には立ち向かわなければいけません。

無個性は攻撃されるだけです。

そのため、無個性を自分なりの方法で、立ち向かっていきましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ