障害者雇用を利用してひきこもりから社会復帰する

ひきこもりが社会復帰する最終手段としては、精神障害者枠での雇用です。

障害者雇用は昔よりも遥かに進化していて、障害者手帳を持っているとその分、障害者枠として、病気を理解してもらいながら雇用をしてもらうということができやすくなっています。

障害者として雇用して貰えれば、人間と関わるのに問題が出るとしても、雇用側としてもその事を理解してもらいやすくなります。

そうした理解を深めてくれれば、仕事を続けていけるかもしれません。

ひきこもりも病気!障碍者雇用で再就職

ひきこもりは病気です。

更に治療が確立されていない病気でもあります。

そうした病気の中で、どう生きていくのかはそれぞれ個人の範囲が試されるところです。

そうしたひきこもりの症状の中でどうしていくのか、障害者として自分を一括りしてしてまうのはどうかという問題はあるのですが、そうした自分への自立を促すために、障害者手帳を使うというのは最終手段だと思います。

それでも、その最終手段を使ったことによって、自分が救われるならば全ては解決します。

精神障碍者として雇用されれば、賃金も低く、到底やっていけないと思う事もしばしばあるでしょう。

そうした中でも自分を必要としてくれる人がいると思うのは、いいことなのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ