学歴が足りないなら通信制大学に通ってから社会復帰する

学歴的な社会復帰をされる方は、色んな選択肢があります。

今ではインターネットだけで済む通信制の高校もありますし、定時制高校という夜間にだけ行う高校もあります。

これは幅広い年齢層の人がいるので、年齢的に学生ではない人も通う事ができます。

学生生活を取り戻したいという人や、中卒のまま社会復帰するのは不便だという事で、定時制高校から始めるのもいいかもしれません。

通信制大学に通って公務員を目指す

また、年齢的に15歳以上であれば高卒認定試験というものが受けられます。

これは、高校卒業の資格を国が与えるというもので、高卒が必要な国家公務員制度にも受ける事ができます。

消防士や警察官など、役場の地方公務員など様々な公務員に就く事ができます。

また、高卒認定試験に受かれば、そのまま大学へ行くこともできます。

通信制大学は社会復帰の第一歩として非常に有効です。

通信制の大学は、大学へ通う期間は数日しかなくて、それ以外は、自宅でのレポート学習となります。

ひきこもりには、ちょうどいい割合で大学卒業資格を手に入れる事ができるはずです。

普通の大学でも+5までなら、そこそこ大丈夫です。

自分の努力でカバーできます。

また、夜間大学に通うという手もあります。そこならば社会人ばかりです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年4月8日 学歴が足りないなら通信制大学に通ってから社会復帰する はコメントを受け付けていません。 ひきこもりについての考察