ひきこもりに働くモチベーションを与えるためには?

働くモチベーションを保つことは難しいです。

普通の人の働くモチベーションというのは、異性にもてたいだとか、生活のためだとか、買い物をしたいだとか、そうした色々な働くモチベーションがあります。

しかし、ひきこもり状態にあった人は、物欲もありませんし、異性のアプローチも諦めてしまっていることが多いです。

そのため、働くモチベーションが保てないという例が多くあります。

働くモチベーションは、人それぞれです。

しかし食事などのインフレが整えばそれだけでいいという物欲のない人がひきこもりには多いです。

そのため、働くモチベーションを見つけることが必要となるでしょう。

働く目的が見つからない人は「貯金」を目標に!

ひきこもりの働くモチベーションは『貯金』というものが一番なのかもしれません。

貯金額が増えていくとそれだけで自分に自信を持てるようになります。

その先の『家を買いたい』とか『高い買い物をしたい』という気持ちまで持っているとより働くモチベーションを保つことができます。

ひきこもりは本当は働きたいとは思っています。

しかし社会に適合できないことでストレスが他人よりも多くかかります。

そのため、働くモチベーションを保つ何かが必要となってきます。

それを見つける必要があるでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ