職歴なしでも働けるドカタはひきこもりにオススメ

ひきこもりとドカタは非常に大きな関係性を持っています。

何故ならばドカタは人ができる最後の仕事であり、ひきこもりもドカタをやらなくてはいけない可能性が高くなっているからです。

それにドカタは肉体労働ですが、休憩時間が多く、そこまで体力を使いません。

言われたことだけをしていればいいというひきこもりにとっては非常に楽な仕事となります。

覚えることも少ないです。

ドカタはひきこもりでも雇ってくれる

ドカタは偶に頭のおかしい人がいますが、そんな土俵だからこそひきこもりを受け入れてくれるのです。

ドカタは誰でも雇ってくれるます。

ひきこもりでも雇ってくれます。

しかしドカタは給料が安いというデメリットはあります。

移動時間や、拘束時間が非常に長く、その分の給料は出ません。

ドカタは最終的な職業として考えた方がいいでしょう。

ドカタは、3か月に一くらいで日給が1000円くらい上がり、1年くらいでその昇給はストップするような制度になっているところがほとんどです。

ドカタは、苦しいことも多いですが、建物が完成した時などの喜びはひきこもっていては味わえないものがあるでしょう。

ドカタは下の下にある職種です。

ですが、いつかひきこもりがお世話になるかもしない仕事でもあるのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ