アルコール依存症とひきこもりの関係性とは?

アルコール依存症とひきこもりは適性のいい関係にあることが多いです。

アルコール依存症から被害妄想などが激しくなってひきこもりになるケースもありますし、ひきこもりの現状を打開しようとアルコール依存症になってしまうケースもあります。

ひきこもりとアルコール依存症は、そうした密接な関係にあるのです。

刺激のない生活がアルコール依存症を引き起こす

ひきこもりはうつからアルコールを求めます。

アルコール依存症は被害妄想からひきこもりを求めます。

このどちらかに当てはまるかはわかりませんが、どちらにせよ、アルコール依存症が関連してひきこもりになってしまうケースが多いのです。

後からか先からかという問題がありますが、どちらにせよ、アルコール依存症になってしまうケースが多くなっています。

ひきこもりはアルコールくらいしか楽しみがないという人が多いです。

そうしたうつの症状が依ひきこもりという刺激のない生活と合わさって、アルコール依存症をひき起こしてしまいます。

ひきこもりにとって、アルコールを飲むなというのは、正直に言うと自殺しろと言っているようなものです。

しかし、アルコール依存症になるまで飲むとなると、これは問題となります。

アルコールは適度を守って、自分なりのルールを作って向かい合いましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ