弱肉強食の世の中!やらなければやられる世界

はっきりと言います。

この世界はやらなければやられます。

弱肉強食の世界です。

私はいじめ時代にそうしたことを深く学びました。

何かをしない者は弱者とみなされ、攻撃されます。

そして攻撃されている側は弱者を弱者のままにしようと何度もしつこくねちっこく付きまとってきます。

やらなければやられるのです。これはどの社会でも同じです。

何もしてなくても弱ければやられる

休憩時間に何もせず黙々と弁当を食べていたらどうでしょうか?

周りから非難の声が上がるのは間違いないでしょう。

何もせずひきこもっていたらどうでしょうか?

親の声日増しに過激さを増していきます。言い返してもその三倍にして返してきます。

人間関係のトラブルで、何も言わなかったらどうなるでしょうか?

次の日からその職場にいづらくなることは確実なのではないでしょうか。

この世界は弱肉強食です。

弱い者は食べられます。

しかし弱い者も武器を手に取れるシステムが整っています。

弱い者でも経験値を積んでレベルを上げるシステムが整っています。

そのため、『やらなければ、やられる、だからやる』というのはひきこもりにとって正しい考え方です。

そのくらいやって、初めて一人前の人という感じなります。

弱肉強食の世界で同じような群れをつくって生きていけます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ