小学生レベル?!精神年齢の低いひきこもりの生き方

ひきこもりの精神年齢は低いことが多いです。

それと同時にひきこもりの顔は普通より童顔であると言われています。

それは何も成長せず、ひきこもっているから当然ともいえる結果かもしれませんが、やはりそれは問題となることが多いです。

ひきこもりに多いのがその奇妙な言動や行動からからかわれるというものです。

そうした言動からいじられキャラとして定着してしまいます。そうしたものは精神年齢の低さからくるものなのです。

精神年齢はひきこもり始めた年齢で止まってしまう

精神年齢を高くすることは不可能です。

意図的に操作できるものではありません。

それならばどうしたらいいでしょうか。

やはりそれ相応に生きるしかないと思うのです。

精神年齢が低いまま、それ相応に生きるしかないと思うのです。

ひきこもりを始めた時に15歳だったら15歳のまま精神が止まっています。

ひきこもりを始めた時に35歳ならば年々精神年齢が低下していきます。

ご老体だと幼児期まで衰退することもあります。

それは仕方がないことなのです。

だから、それ相応に生きましょう。

その精神年齢で生きられる環境で生きるしかないと思うのです。

そうした環境の場所は必ずあります。

見つけにくいですが、必ずあります。なので、諦めずにそうした環境を探して欲しいのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ