ひきこもりが外出恐怖を克服するにはまず原因を知ろう

ひきこもりの外出するのが怖いという状況をどうにかするにはどうしたらいいでしょうか?

ひきこもりの外出恐怖には様々な理由があり、それは人それぞれです。

ひきこもりが外出を怖がる要因とは

まず外出が怖いと思う原因に「対人恐怖症」というのものがあります。

他人のことが怖くて仕方がないという病気で、社交不安障害の一種です。

この対人恐怖症の原因として他人からの非難や攻撃を恐れる「恥の文化」が指摘されています。

日本は昔から協調性を重んじますが、このことが近年過剰に働いた結果、対人恐怖症が増えていると考えられています。

個性を大切にする考え方を取り入れ、少しくらい人と違ってもいいという感覚を身につけることが必要かもしれません。

また、対人恐怖症の中でも、他人の視線が気になり、人から見られている場所に出ることに抵抗を感じる視線恐怖症

自分の外見が醜いと思い込み、過度の劣等感を抱え、実際には人並みの容姿の人でもこのように思い込んでしまうことは珍しくない醜形恐怖症

人前で話すときにどもってしまう吃音恐怖症

過去の嫌な思い出などが原因で、異性に対してのみ正常な対人関係が築けなくなくなる異性恐怖症など、人それぞれの違う形があります。

カウンセリング、薬物療法などをするにしても、そうした自分の特徴をしっかりと把握しておくことが必要なのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ