やる前から諦めている?ひきこもりはまず勇気を持とう!

ひきこもりの最大のネックは勇気です。

私は勇気がないことで損をしていきたことが幾つもありました。

例えば面接でもそうです。

私は面接で「なんでそんなふらふらしているんだ」と説教されてからというものの面接をするのが怖くなって面接がなかなかできなくなりました。

これも勇気があれば克服できたことです。

勇気をもって行動しないと損ばかりする

例えば私は精神障碍者年金の申請をするために色々な手間がかかることで受給していませんでした。

これも勇気があればもっと早く保護を受けられたはずです。

例えば、私は仕事上の人間関係で上手く深くまでつっこめませんでした。これも勇気があればできたことです。

全ては勇気です。

やるかやらないかで物事は大違ってきます。

勇気があるかないかで人の価値というのは大きく違ってくるということです。

「これをやろう」、そう思うのは簡単ですが、それをやるだけの勇気を得ることは非常に難しことです。

ひきこもりにとっての勇気とは蛮勇です。

ですが、それでもやらなければ何もできません。

生きるか死ぬかの選択を選ぶ勇気もなければ、ただ死ぬだけです。

ひきこもりに必要なのは、リスクを負ってでもできる勇気です。

勇気がなければ何も始まりません。

それをしっかりとわかって欲しいのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月21日 やる前から諦めている?ひきこもりはまず勇気を持とう! はコメントを受け付けていません。 ひきこもりについての考察