会話が苦手なひきこもりが就きやすい業種

ひきこもりが就きやすい業種、そしてひきこもりが仕事を続けていけそうな業種とはどういうものでしょうか。

今回はそうしたひきこもりと職について考察していきます。

ひきこもりは特殊なケースを除き、コミュニケーションに障害があります。

コミュニケーションを苦手としており、集団としての人や、個人としての人を恐れています。

そうした対人恐怖状態で、できる仕事というのはなかなかありません。

何故ならば仕事とは人と人とのコミュニケーションによって成り立っているからです。

人と人がコミュニケーションをして、ついでに作業をすることで仕事は成立します。

ひきこもりは工場で働け!

例外をいうなれば、工場でしょう。

工場でもただ工場であればいいというわけではありません。

車関係の工場はガテン系、食品関係の工場はひきこもり系となっています。

私はどちらも経験しました。

ひきこもりでコミュニケーションを特に苦手としている人は、深夜の食品工場はいいです。

某大手で働いたことがあるのですが、外国人ばかりでまともにコミュニケーションなどしなくとも働ける十分な環境が整っています。

コミュニケーションのない職場を探すのは大変です。

しかし、コミュニケーションのない仕事は全くないというわけではありません。

色々と探してみましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ