「世の中お金がすべてじゃない」は間違い!お金は生きる原動力

社会で働くようになると人が変わります。

それはお金が入るからです。

お金は人を変えると言いますが、まさにその通りです。

心に余裕ができて、自然と精神を安定させることができます。

お金が全てではないというメディア人は、スポンサーと視聴率を誤魔化してお金をだまし取って儲けています。

そこまでするとただの外道です。

ただ、心に余裕を持たせるためのお金を手にすることができれば、それだけ成長の幅も大きくなりますし、それだけ行動範囲も大きくなっていきます。

車を買えばそれだけ移動範囲が広がります。

仕事をしてお金を手にして自分を変えよう

人は「世の中にはお金では買えないものがある」と言いますが、お金で買えるものがほとんどです。

そしてお金がないと何もできないものもほとんどなのです。

そうしたお金の力と言うのはすさまじいものがあります。

ありとあらゆるもののモチベーションとなって、仕事を続けていく原動力にもなりますし、生きていくための原動力にもなります。

お金は非常に大切なものです。

そして収入があるというのも非常に大切なものです。

お金によって、自分を変えることができます。

お金で自分を変えることができるという人は、やはり収入を得るべきでしょう。

そのために、仕事を頑張り、ひきこもり脱出への近道へとなるのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年4月3日 「世の中お金がすべてじゃない」は間違い!お金は生きる原動力 はコメントを受け付けていません。 ひきこもりについての考察