クラスに一人はひきこもり!?悪環境が与える影響とは?

ひきこもりの原因は主に人間関係です。

人間が恐ろしくなったからひきこもっているのです。

それは筋肉の低下や肉体的な病気などを除けば、ひきこもり共通のものです。

その人間を恐ろしくなった原因とはなんでしょうか?

それは人の悪意です。

いじめ、悪口、陰口。なんでもありますが、この世には全て悪意に満ちています。

そう感じられるようになってしまい、ひきこもりになるのです。

悪環境から逃げ出すためにひきこもりになっている

自分以外の全ての人が敵に感じられるのです。

ひきこもりになるほどの社会的虐待を受けていることが悪環境となり、ひきこもりの原因となるのです。

今ではクラスに一人は不登校の人がいるというのが日常なのではないでしょうか。

それは今の教育制度の欠陥でもあります。

そして、そうした悪環境を溜め込み、限界が来てひきこもりになってしますのです。

社会からの迫害です。

ひきこもりは社会から迫害されて追い詰められているのです。

単純にそうした環境にいると頭がおかしくなってきます。

私も社会から迫害されていた時は、髪の毛がばっさりと抜けていきました。

悪意から逃げている。

これはひきこもりに共通したことでしょう。

悪意が怖くて逃げ出したいほど怖い。

それはひきこもりになりやすい環境となるのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ