特効薬SSRIが逆に鬱病のひきこもりを増やしている!?

選択的セロトニン再取り込み阻害薬を、Selective Serotonin Reuptake Inhibitors、通称SSRIと言います。

これはうつ病の特効薬でもありますが、SSRIの普及によって、うつ病が増えたという統計が出ています

これはSSRIを止める時に出る離脱症状のせいです。

SSRIは通常2週間程度でうつに効果が出てきて、生きる意欲などを出す効果があります。

ただし、SSRIを急激に止めると、体に電気が走ったような感覚がしたり、耳鳴りがしたり、独特の離脱症状が起こります。

そのため、うつ病の治療期間が延び、結果としてうつ病が増えているように見えているのです。

自殺まで考える鬱病ならSSRIを使うべき

このようにSSRIとうつ病の増加には関係性はありますが、だからと言ってSSRIを使わない方がいいというわけではありません。

SSRIはうつ病には非常に効果的です。

自殺まで考えるようになるまでにならない内に飲んでおいた方がいいです。

ただ、ひきこもりには合いません。

ひきこもりは人格の問題やその他環境によって複合的にひきこもりへうつへなっているのであって、うつだけを治しても意味がありません。

病院へ行ってSRRIを出されたら誤診だと思ってください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ