終身雇用の崩壊!?育てる社会から、摂取する社会へ

現在の日本は文明的には逆行していると言えます。

日本は通常は終身雇用制度によって、会社が社会人を育てることになっていました。

育てる社会です。

無能でもなんでも会社が人材を育ててくれました。

しかし現在ではそうした育てる機能が完全に失われてしまっています。

育てる機能を完全に失った社会は、その次に摂取する社会へと変わっていきます。

大学まで出た社会人の血を摂取して、なんとか飢えを凌いでいるのがこの社会です。

終身雇用の崩壊がひきこもりを増やしている

私はワタミについては賛成派の意見を持っています。

何故ならば、無能を雇い入れ、無能をまともに育て上げるという精神を持っているからです。

これは飲食店全体にも言えることなのですが、『死ぬまで働け。そうすれば高給を用意してやる』と言ったスタンスは特にブラック起業でなくとも昔の会社でもあってことです。

『会社に骨をうずめる』ということですね。

そうした社会構築の崩壊がひきこもりをどんどんと追いやっているとも言えます。

何故ならば、摂取できるものがひきこもりにはないのです。

つまり育てて貰わないと、何もできないのです。

人を育てる社会をこれからの日本は実施していかなければいけません。そうしないとひきこもりはどんどん増え続けるでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ