極道の機能不全

私はヤクザと呼ばれる反社会的組織はこの世に必要だったと思っています。犯罪者を管理する犯罪者がいたからこそ、日本は真の治安維持を保ってきました。クズは暴力でしか裁けません。それを完全に理解しているのは、戸塚ヨットスクールなどの殺人矯正機関ではなく、ヤクザです。彼らも殺人集団ではあるのですが、今まではその役割を果たしてきました。

ただ、現在は機能不全になっています。不法滞在者を野放しにして管理できていないですし、人手不足を叫んでいている割には社会的不適合者の勧誘を怠っています。また、カタギに手を出さないというのも最早神話になってきています。

暴力団組合山口組の傘下である事で有名な芸能事務所吉本興業は、オリエンタルラジオ藤原氏が起こした妊娠中絶騒動に関して、「週刊誌に情報を売った女性が悪い」と公共電波を通して一般女性を脅迫しました。つまり山口組は代紋を使って、性犯罪に手を染めたのです。これは確実な民間人に対する宣戦布告です。

ヤクザが健全に機能していれば、早い段階でひきこもりになるべき人を掬い取っていたはずです。ヤクザが機能不全を起こしているというのも、ひきこもりが増加している背景としてあります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ