日本社会とひきこもりの意外な共通点とは!?

日本の政治家とひきこもりはよく似た共通点を持っています。

それは平和ボケして、なんとかなると思い込んだ結果、なんともならなかったところです。

日本は経済は1流、政治は3流と言われています。

ひきこもりも同じではないでしょうか?

政治家はひきこもり。メディアは親。

教師や同級生は、特定アジア国。

そう考えれば、見事にひきこもりと一致します。

ひきこもりは新しいロボット!?

ひきこもりは政治ができません。

親はバカ者で教師の言いなりになり、自分を守るためには子供を売り、そのくせ中身のない平和主義を叫んで戦争を煽ります。

教師や同級生は完全な敵です。

ですが、昔は仲よくなろうとなんとかしていました。

しかし会話が成立する相手ではありません。

そもそも彼らは仮想敵国を作って『みんなで団結』したいために攻撃しているだけであって、友好など望んでいません。

ひきこもりは日本の政治家と同じ体制を持っています。

そしてそれはひきこもりを生み出す要素となっているのではないでしょうか?

ひきこもりは言われたことをして、真面目に生きていた人が多いです。

そうした人が国の形を模倣してしまうことはよくあることです。

ひきこもりは新しいロボットです。

大事なのは、そうした国の形から脱出することです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ