家にひきこもっていてもお金を稼げる現状

ひきこもりを拗らす原因として、ひきこもりでもある程度は稼げるという現状が挙げられます。

ひきこもりでも家にいても、パソコンさえあれば何とか自分のお小遣いくらいなら稼げるのです。

これは紛れもない事実であり、そうしたものに希望を持ってしまったがばかりにひきこもりを拗らせてしまうというのは、ある程度パターン化されています。

家にひきこもりながら稼げる仕事とは

例えばインターネットでのせどりです。

古本を買ってきて、それをオークションなどで売って、その差額で儲けるというものですね。

そして、お小遣いサイト。

無料登録や資料請求をすればお金が手に入るというものです。

これは本格的にやれば月に数万円は稼ぐことはできます。

そしてアフィリエイト。

これはインターネット広告で収入を得るという方法ですね。

こうした稼ぐ手段はあります。

しかし元々コミュニケーション能力がなく商才がない人がひきこもりになりがちな傾向にあるので、それは難しいでしょう。

やはりインターネットだけで稼ぐというのは無理があります。

そうした無理に希望を託してしまう事で、どうにかできないかと、ひきこもり生活が長引いてしまうのです。

そうした事態になる前に、まずは現実を直視して、正社員として稼げば幾らもらえるかなどを計算しましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ