SNSを利用して知り合いを作ることは無意味な行為

ひきこもりに中にはSNSを利用して知り合いを作ろうと言う人もいます。

それは無意味な行為だと思います。

今では SNSは誰しもやっているものですが、 リアルでの人間関係があることを前提として行っています。

そのためSNSでも、孤立感を深めてしまうということも有り得ます。

そうなると時間の無駄となってしまいます。

MixiなどのSNSでは、比較的にリアルとの関係につながりやすいのですが、友人の数などを増やして信用を得ないといけません。

ひきこもりにはその友人を一から作らなくてはいけないので大変です。

現代のSNSはリアルの人間性が影響している

SNSは便利なものです。

しかし、ひきこもりがSNSをやるには、色々な嘘を吐かなくてはいけません。

まず、ひきこもりであるということも隠さなくては、リアルには発展しないでしょう。

そうした嘘を重ねてSNSで人間関係を築いても何の意味もありません。

やはり本当の事を話せるリアルの関係というのが、望まれるでしょう。

また、SNSでの交流というのはどちらかというと、リアルでの交流に近いものです。

日記や写真などのコンテンツも充実させなければいけません。

また、嫌な知り合いとSNSで会うこともあれば、 SNS疲れという言葉もあるくらいに面倒なものでもあります。

SNSは便利ですが、上手に活用できる時だけ活用しましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 SNSを利用して知り合いを作ることは無意味な行為 はコメントを受け付けていません。 回復する方法