ひきこもりを脱出したいならQOLの考え方を取り入れよう!

介護の現場ではQOL という考え方があります。

Quality of Lifeの頭文字を取った考え方で、これは『生活の質』や『人生の質』と訳されます。

ひきこもりもこのQOLを重視した回復方法を取ることが必要です。

何故ならば、QOLを意識しないひきこもりの回復方法はいつかガタが来てしまうからです。

人生の質を考えないひきこもりはいつか限界が来て失敗します。

QOLはただ生活が安定していればいいという問題ではありません。

インフレが整っていても絶対に幸せでないひきこもりがその代表的な存在でしょう。

QOLを上げるにはどうしたらいいでしょうか?

ひきこもりがQOLを上げるためすることとは?

それは、『自分のしたいこと』を見出すことが必要となります。

自分のしたいことは何か。

それがわからないからひきこもっているという人もいるでしょう。

そうしたことの多くは大学で学びます。だから人は大学へ行けというのです。

そうした大学へ行くことができないひきこもりは一体何をしたらいいでしょう。

もしくは大学へ行っても何も見つけられなくなってひきこもりになったひきこもりはどうしたらいいでしょう。

まずは、やってみることから始まります。

やってみて、合わなかったら辞めればいいだけの話です。

そういう意味ではバイトのバックれをする人はそうした定義に収まるのかもしれませんが、くれぐれも責任ある行動を心がけて色々と調整してみてください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 ひきこもりを脱出したいならQOLの考え方を取り入れよう! はコメントを受け付けていません。 回復する方法