ひきこもりが社会と関わるメリットを真剣に考える。

社会と関わるメリットはなんでしょうか?

そんなことを真剣に考えた人はなかなかいないのではないでしょうか。

しかし、ひきこもりには一度それをよく考えなくてはいけないと思うのです。

ひきこもりの状態ならば自分の部屋でぬくぬくと生活することができます。

しかしそれではいけないと誰しもが考えていることだと思うのです。

不安ばかりをみるのではなく、まずはメリットから考えてみてください。

ひきこもりから抜け出して社会と関わるメリット

『将来が不安だ』ではなく、『将来が明るくなる』というような言葉で社会と関わるメリットを挙げていきましょう。

1.将来が明るくなる。

2.知人や友達ができる。

3.結婚ができるかもしれない。

4.苦しいことも含めて、人生が楽しく張り合いのあるものになる。

私の場合、まずは4つ挙がりました。

これだけでは不安な人は10個も20個も挙げていき、紙に書いてみましょう。

そうすることで、社会に参加するメリットについて真剣に考えることができます。

世の中、人は打算的に生きています。

そうした打算的な面を取り除いて、合理的に心を守るためにひきこもってしまったのがひきこもりです。

打算的な考えを取り戻す必要はあるでしょう。

まずは紙とペンを用意してください。そこから、希望へのスタートが始まります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月8日 ひきこもりが社会と関わるメリットを真剣に考える。 はコメントを受け付けていません。 回復する方法