現状を流す能力を身につけ一時的に苦痛から逃げる!

世の中にはどうしても解決できない問題というのが存在します。

例えば昔、親に虐待されていた二人の少女がお互いの親を殺すという殺人事件がありました。

そして、その事件の裁判官は「家出をするという選択肢がありながら、殺人という結果を生み出した。遺憾なことだ」という内容で判決を下しました。

はっきり言って滅茶苦茶な判決だと思ったのを覚えています。

家出するというのは選択肢ではありません。

どうしても解決できないものは、『問題無能解決事項』として保留するしかありません。

そして、その問題を受け流すか、妥協した別の解決策で現状から目を背けるか、それしかありません。

問題が解決できなくても流す能力を身につけよう

例えば仕事のストレスを発散させるのに酒の力を借りているという人は山ほどいます。

それは一時的な解決方法を何度も繰り返しているだけです。

しかし、継続して行うことができるため、解決策としては悪くはありません。

現状から目を背けることは何も悪いことではありません。

そして現状を流せるようになれば一人前です。

その手段は人それぞれです。趣味に走るのもよし。酒に走るのもよし。

とにかく生き残ればそれで勝ちなのです。

ひきこもりにはそうした真面目でない解決方法がなかなかできません。

しかし、しなければいけないと私は思います。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月7日 現状を流す能力を身につけ一時的に苦痛から逃げる! はコメントを受け付けていません。 回復する方法