ペットを飼うと活動的になる?犬を飼って孤独から抜け出そう!

ひきこもり改善に犬を飼うというのも一つの手です。

犬というのは散歩に出かけさせたり、排泄物の世話をしたり、遊んであげたりと色々と世話のかかる生き物です。

そうした生き物を飼うと、飼い主も変わってきます。

例えば世話をするために散歩に出かけたりすれば、それだけでひきこもり改善です。

例えば大きな生き物を飼うことで、世話をするために責任感をもったりすれば自尊心の回復です。

例えば犬と遊ぶことでリフレッシュ出来ればそれでひきこもりの改善になります

そうした目的を持つことで犬を飼うというのも手段としてはありです。

犬を買うならペットショップではなく保健所

何よりも孤独から回復できる癒しとなります。

生き物を飼うことで、活動的になり、孤独から回復できるとしたらそれはありなのではないでしょうか?

ただ、この際には保健所から引き取ったものにしましょう。

保健所からならば、傲慢な考え方かもしれませんが、『死ぬ運命だったのを引き取った』という優越感を持てます。

普通ならばこれは最低の考えかもしれませんが、そうした考えを人は一つ二つは持っているものです。

それがまるでないひきこもりも問題なのです。

ペットショップなどで高級な犬を買っても、どうせ自慢する友達がいないのがひきこもりです。

そうした方が無難でしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 ペットを飼うと活動的になる?犬を飼って孤独から抜け出そう! はコメントを受け付けていません。 回復する方法