私生活に時間割を作って生活をコントロールする!

ひきこもりには自分の時間割を作ってみるのも一つの手です。

受験の時にやったはずです。

この時間は国語をやって、この時間は数学をやる。

その後は十分間夜食を食べて、歴史に取り組む。

そんなパターンで時間割を作ったことはありませんか?

それと同じことをするのです。

ただ、ひきこもりの場合は特別な時間割帳を作る必要があります。


円状


線上

このどちらのタイプでも構いません。

まずは目標を定めてこの時間割を定めてみてください。

ひきこもりが時間割を作る時は第三者に見てもらう

と、口に出すのには簡単なのですが、それほど簡単にできるわけではありません。

ひきこもりは時間間隔がないことが多く、その記憶の想起には困難を極めます。

予定は立てられても、答えを書くことができないのです。

そうした場合は親などの第三者に書いて貰って正解かどうかを決めましょう。

ひきこもりにもやらなくてはいけないこともあるはずです。

例えば『考えを整理する時間』『問題点について考える時間』などとうひきこもりらしい時間割を作っても構いません。

要するに時間割は目標を立て、そこから発信する短期的に目標達成欲を得ることができる方法なのです。

是非、一度でいいので、お試しください。自分の合わないと思ったら捨てるだけでいいです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 私生活に時間割を作って生活をコントロールする! はコメントを受け付けていません。 回復する方法