外が怖い!ひきこもりになるとすべてが恐怖

ひきこもりには恐怖が常にあります。

外が怖い。人が怖い。社会が怖い。自分の世界以外の全てが怖い。

そんな感情を持っている人がひきこもりになっているのです。

そうした恐怖を克服するにはどうしたらいいでしょうか?

ひきこもりが外の世界に対する恐怖を克服するためには?

それはまず『慣れ』があります。徹底的に慣れることによって恐怖を軽減させる方法です。

そして、『克服』があります。恐怖になるような対象を克服することによって、恐怖をなくします。

こうした二つのパターンがあるわけですが、そうした恐怖というのはなかなかなくなるものではありません。

それに近づくなと体が防衛反応として出ているわけですから、並大抵のことではありません。

恐怖に対抗するのは、それなりの時間がかかりますし、それなりの努力も必要になってきます。

そうしたものの結果、恐怖をどうにかできるのです。

ひきこもりは常に恐怖と隣合わせの生活をしています。

恐怖が常に隣の席に座っているようなものです。

それをどうにかするというのは並大抵の努力ではかないません。

奴らは非常に強いです。

そうした努力をずっと重ね続けている内にやっと、奴らと互角に戦いあえるようになるのです。

是非とも、そうした恐怖に勇気をもって戦いあってほしいと思います。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年4月12日 外が怖い!ひきこもりになるとすべてが恐怖 はコメントを受け付けていません。 回復する方法