ひきこもりは普通の服装も分かっていない!

平均的で、『周りから奇異の目で見られず地味に生きる』ためのファッションとは、全体のコーディネートが違和感のない服装です。

例えば、高い服でも上下同じ色の服を着ていたら寝間着みたいで違和感があります。

上下の服装は真面目そうなのに、ニット帽だけ蜘蛛の巣でお洒落な雰囲気を出していたらこれもまた違和感が出ます。

ズボンがコテコテのチャックや縫い目がついた凝ったものなのに、上は無地のTシャツを着ていたらどうでしょうか。同じく違和感が出るはずです。

こうした違和感がなかなかわからないで外に出てしまうのが、ひきこもりです。

ひきこもりは他人の目を恐れて洋服を選んでいる

何故なら他人の目など既に怖いため、服装にまで気が回らないからです。

怖すぎて、自分のファッションに自信がなくて、無難な服というのもわからなくて、ひきこもりを続けてしまうこともあります。

普通の人は他人の目を『気にして』ファッションをしますが、ひきこもりは他人の目を『恐れて』ファッションをします。

この違いもあります。

服など違和感がなければいいのです。

冬はホームレスのような格好をしている人が結構いるため、それでイケます。

夏はそれなりの服を用意すればそれでいけます。

あまり深く気にしないことがひきこもりには必要でしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 ひきこもりは普通の服装も分かっていない! はコメントを受け付けていません。 回復する方法