工場はコミュ力不足のひきこもりに適した職場

工場とひきこもりは密接な関係を持っています。

実際に地域サポートステーションというひきこもりの支援団体を見ると、工業地帯の工場に就職することが多いらしいです。

ひきこもりというとコミュニケーション不足が目立ちます。

コミュニケーション不足によって、コミュニケーションのない工場とはかなりのひきこもりに適した職場となります。

工場の特徴を知って就職先を決める

工場は自動車関係だとブラジル人が多いです。

食品関係だとベトナム人が多いです。

そして、自動車関係の工場だとヤンキー系が多く、食品関係だとひきこもり系の人が多くなっています。

どちらにせよ就職をする時は、かなり就職されやすく、適応もしやすい職場となっているのでしょう。

特に外国人が多い職場だと、何もしゃべらなくてもいいので、仕事に集中していればいいだけのことです。

コミュニケーションがとれない相手ですので、非常に楽な職場になっています。

それだけ楽ならば応募が殺到しているかと思うかもしれませんが、やはり外国人と一緒に仕事はしたくないということで、日本人には不人気な職業です。

安定もしていません。

そこが穴場となります。

まずは穴場となる工場に入社して、しっかりと社会に適合をしましょう。

そうすれば、いつかは認められるはずです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年4月11日 工場はコミュ力不足のひきこもりに適した職場 はコメントを受け付けていません。 回復する方法