対人恐怖対策には物理的なものと精神的なものがある

対人恐怖症には対策を講じることができます。

例えば、都会や夏だったらサングラスをかけることで視線恐怖症を持っている人はその対策ができます。

そしてコンタクトをつけてみるというのも自分の視線が気になるとうタイプの人は、視線が限定されるのでいいです。

外に出る時、マスクをつけて歩くのは冬ではよく見かける景色ですし、メガネがくもらないマスクというものもよく売られているので、メガネをつけながらマスクをかけることもできます。

冬はニット帽をかぶって人目を避けることもできます。様々な対応策があるのです。

そうした物理的な対策も必要ですが、精神的なケアを行うのも必要です。

精神的な対人恐怖対策

精神的に人はそれほど他人のことを気にしていないものだと思い込むのです。

実際に車に乗っている人は通行人など気にしてもいません。

車を持っていないという人でも、自転車やバイクで走っていれば他人のことなど気にならないようになっていないことを感じたことはないでしょうか。

そうした自意識過剰なところを削除していって、実際に不自然な部分だけを治していけるようになれば、ひきこもりから回復する一歩となります。

是非、そうした意識的な回復も目指して頑張ってみてください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年4月10日 対人恐怖対策には物理的なものと精神的なものがある はコメントを受け付けていません。 回復する方法