挨拶が出来たら嫌われない!?始めは下から礼儀正しく行こう

一つの職場で長く続くためには、まずは始めは下から礼儀正しくするということが挙げられます。

その代表的になのが挨拶です。

「おはようございます」

これは中学校なので無理矢理言わされた経験はないでしょうか?

そのため、『アホらしいもの』と認識しているひきこもりも多いかもしれませんが、これは社会に出るに当たっては非常に重要なものとなります。

社会復帰した始めは礼儀正しく

仕事を始める時は、「おはようございます」。

仕事を終わる前には、「お先に失礼します」。

仕事が終わったら、「お疲れ様でした」。

この三つが上手くできていれば、職場で嫌われることはあまりありません。

それでも嫌われることはありますが、その時はその時です。

まずは職場に入った時は一番下っ端なわけですから礼儀をわきまえなくてはいけません。

礼儀ができてこそのコミュニケーションです。

まずはコミュニケーションの手始めとして礼儀を心得えて、さりげないサポートを忘れないようにしましょう。

そうした行為の積み重ねによって、人は成長し、ひきこもりの回復につながっていきます。

ひきこもり脱却の直前で声が出せないということもあるでしょう。

そうした時も最低限の挨拶だけはできるように練習しておきましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月25日 挨拶が出来たら嫌われない!?始めは下から礼儀正しく行こう はコメントを受け付けていません。 回復する方法