問題の改善方法をリストアップしておく

ひきこもりは予想外のアクシデントに弱いです。

それはやはり経験値の差でしょう。

色々なことを経験していないので、それだけ問題が起こった時にどう対処していいのかわからなくなってしまうのです。

そうした経験値の差は知識で補えると先人は語っています。

教育制度があるのはそのためです。

仕事を始める前や、その他何かを始める前にその解決方法をリストアップしておきましょう。

問題をリストアップして事前対処しておく

続けるのに不安なことであれば、何が原因で続けられなくなるのか不安に思っていることを書いていくだけでもかなりのストレス発散になりますし、頭を整理するのに役立てます。

しかしそれ以上に、『事前対処』という意味で、なかなかの効果があります。

机上の空論を幾ら並べても無駄と思う方もいるかもしれませんが、机上の空論なして実益だけを求めて行動した結果がひきこもりなのです。

まずは、机上で論を立ててみるべきではないでしょうか?

リストは何でも構いません。

「体力が持つかどうか」

「嫌な人がいたらどうするか」

「怒られたらどう対処するか」

など、思いついたままにまずは書いてみましょう。

この書いてみるという行為は大切です。

書くことによって頭が整理され、また、記憶に残りやすくなります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 問題の改善方法をリストアップしておく はコメントを受け付けていません。 回復する方法