ひきこもりでも自信を身に付けられるバイトは内職

ひきこもりの改善には、内職も有効な手段です。

内職は家でやれる分、安定感を持って仕事をできます。

また、仕事も自分のペースで行えるため、長く続けることができます。

内職は見つけるのは難しいですが、ハローワークで偶に紹介してくれることもありますので、是非通ってみましょう。

また、新聞の折り込み求人に内職が載っていることもあります。

ただ、これは車で納品することが前提ですので、親のものでも車を持っているならば、頼んで持って行って貰うとかして内職をゲットしてみましょう。

内職はひきこもりながらも役に立っている実感を得れる

内職は賃金が低いです。

しかし、作業に集中できる分、ひきこもりには精神的な作業療法となりますし、低くても収入があると言うことで『自分が役に立っている』という感覚を手に入れることができます。

この感覚はひきこもりの回復に非常に役に立ちます。

何故ならば、ひきこもりは誰の役にもたたないことを苦悩に感じている面は誰にでもあるからです。

自殺の半分以上が六十代以上の高齢者だと言われています。

そして自殺の原因は精神疾患ではありません。

よくよく統計を見てみてください。

『病苦』です。

つまりガンになって家族にお金を使わせて迷惑だから自殺する、という善意の自殺である場合がほとんどかもしれません。

そうならないためにも必要とされている感覚は必要です。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 ひきこもりでも自信を身に付けられるバイトは内職 はコメントを受け付けていません。 回復する方法